クレジットカードとカードローンの違い

カードローンもキャッシングもカードでお金を借りるのは同じです。
カードローンとキャッシングは、一見同じように見えますが全く違います。
まずキャッシングは、クレジットカードについている機能です。
クレジットカードでは買い物ができるショッピング機能がメインですが、その他にお金を借りることができるキャッシング枠というのもあります。
キャッシング枠にも個人差はありますが、あくまでもクレジットカードに付随している機能なので利用限度額はあまり多くありません。
ただしゴールドカードやプラチナカードなど、年収によっては利用限度額も高くなります。
しかし一般的には利用限度額も決まっており、利息もやや高めです。
もしもお金を借りる目的でカードを作りたいなら、カードローンの方がお得になる可能性もあります。
クレジットカードのキャッシング枠は、信販系になるので総量規制の対象になります。
これは消費者金融系のカードローンと同じで、年収の3分の1を超える借り入れができないという法律です。
しかし銀行系のカードローンなら、総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を超える借り入れも可能ですし、金利も安いので利用するなら銀行系のカードローンの方がオススメです。
ただし海外での利用という場合は、海外でも利用可能なクレジットカードのキャッシングの方が便利になるので利用する場所や条件によってはクレジットカード
のキャッシングの方が便利かもしれません。