遅延損害金と利息の違いとは

 

遅延損害金というのは、毎月の約定日の返済を怠った場合に支払義務が発生するもので、一種の損害賠償金となります。
遅延利息という別名で呼ばれることもありますが、通常の返済時にかかる利息とは別物です。
遅延損害金の利率というのは、利息制限法で定められた利率以下の範囲で各カードローン会社が独自に設定しています。
そして約定日から実際に返済するまでの間、返済が滞っていた日数に合わせて日割りで計算されます。
つまり返済が遅れれば遅れるほど、遅延損害金の金額も大きくなってしまうのです。
元本の返済に加えて通常の利息だけでも余計にお金がかかっているのですから、さらに遅延損害金という無駄な支出は避けたいものです。
そのために大切なのは何より無理な借入をしないことです。
十分な返済計画を立ててからキャッシングを利用することで、毎月の返済で苦労せずにすみます。
そして約定日をしっかり頭に入れておき、余裕を持って返済洋のお金を準備しておくようにしましょう。
でも万が一うっかり返済を忘れてしまったり、やむを得ない事情で返済が間に合わない場合には、できるだけ早く電話連絡をすることがポイントです。
延滞を放置せず自ら申し出るだけでも、利用者に対する信用は変わってきます。
事前連絡をすることで、返済日の変更に応じてもらえることもあります。
カードローン会社によって条件は異なりますが、変更日までは遅延損害金がかからない場合もあるので確認してみると良いでしょう。
最近人気の返済日通知メールサービスなどを活用すれば、延滞のリスクも軽減されるのでおすすめです。