専業主婦が追加で借入をすることはできますか

カードローンを申し込み審査に通ればいくらでも無制限にお金を借りれるかというとそうではありません。
カードローン会社は審査でいくらまでなら貸せるかを検討し申込者それぞれの融資限度枠を決定し通知します。
この融資限度枠は申込者の希望融資額とは違い、あくまでもカードローン会社がその人の経済環境や金融履歴などから判断し貸してもよいとする金額なので、場合によっては借りたい額に達しないこともあります。
特に初回は申込者の取引実績が無いので低めに設定されます。
例えば専業主婦の場合は最高融資限度額が30万円とあっても審査の結果20万円の融資枠となることがあります。
このケースで考えると、もし与えられた優遇枠いっぱい20万円借り入れして更に追加で借り入れしたいということであれば、ある程度の期間借り入れと返済をトラブル無く繰り返し実績を積みカードローン会社からの信用を得なければ融資枠を拡大してもらう事は出来ません。
次に20万円の枠をもらいながら自分で10万円の融資枠に設定し、後から追加で借り入れが必要になった場合は20万円までならカードローン会社に連絡し比較的簡単に枠を広げてもらえる可能性は高いです。
なぜなら一度審査で20万円までの融資枠を認めてもらえているからです。
またカードローンは融資枠の範囲であれば何回でも借り入れと返済を繰り返すことができます。
20万円の融資枠があり10万円借りていて3万円返済した場合残り7万円の返済が済んでいなくても追加で13万円までは借り入れ出来ます。
しかし、完済出来ずに新たな借り入れをすることを繰り返すとカードローン会社に返済プランがしっかり立てれず常に資金不足に困っている印象をあたえることになります。
また安易に借り入れてしまう癖がつかないように一回の借り入れを完済してから次の借り入れをするように心がけましょう。