使用目的の制限について

カードローンの公式サイトで商品説明をみると使用目的について記載があります。
カードローンの多くはフリーローンとなっており手続きや審査がスピーディで融資枠の範囲で何度でも利用でき借り入れしたお金の使い道も自由です。
レジャーや冠婚葬祭、生活費の足しになど1000円と少額から手軽に借り入れできるところも多く専業主婦にとっても大変使いやすく心強い味方です。
しかし商品説明に記載があるように銀行カードローンは事業性資金としての利用はできないとされています。
事業性資金とは事業を営むための資金であり、例えば個人事業主が喫茶店を経営するのに必要なコーヒーカップやテーブルセットを数点購入するために借り入れをするならばそれは事業性資金です。

 

この場合はカードローンではなく銀行や信用金庫、自治体等の事業性資金対象の専門ローンを利用しなければなりません。
レジャーや冠婚葬祭に必要な資金の額と性質を比べると事業性資金は多額で破産や滞納などのリスクも高くなりますし、系列の銀行には事業性資金専用のローンがあり一般のカードローンより金利が低いので専門ローンを勧められます。
同様に車購入資金や住宅資金なども金利の低さから専門ローンを勧められることがあります。

 

またギャンブル目的や他社の借金への返済目的も禁止されています。
ギャンブルの為に使いますと申告する人はいないでしょうが嘘をついて利用してもすぐにわかりますし、その場合は利用停止や一括返済を請求されたりします。

 

おさいふ誰にもバレずに即日融資OKのカードローンを紹介します