完済したらどうすればいい?

カードローンで借り入れた分を無事完済したらそれでカードローン会社との関係は終わりというわけではありません。
カードローンの契約には個別契約と包括契約があります。
個別契約は一回の借り入れが完済するとそれでカードローン会社との契約は終了し、同社で次回借り入れするときには再度審査と契約が必要になります。
一方包括契約は完済後も解約手続きをしない限り契約は継続しますので、完済後次の借り入れをする時に再度審査などは不要になります。
カードローンは最初に審査・契約をしたら限度額まで何回でも借り入れ・返済することができますので包括契約となってます。

 

ですからカードローンは完済しても解約しない限り契約は続き借り入れ残高は0の状態として個人信用情報に記録は残ります。
もし今後夫と連名や専業主婦本人の名義で住宅ローンを組む予定があるのならば、借り入れ枠=借り入れ金とカウントされ審査に影響することもあるのでカードローンを全く必要としないのであれば解約しておきましょう。
解約後5年で個人信用情報の記録は消去されます。

 

またトラブル防止や新たなローンを組む際に場合によっては完済したことを証明するものが必要になることもあります。
銀行カードローンの場合は完済証明書ではなく代わりに債務残高が0であることを証明する残高証明書を発行するところもあります。
証明書発行には手数料を徴収する金融機関も多いので前もって確認してください。
カードローンのシステムは精密になっていますが人の手を介するところもあるのでミスや過払いが無いか確認しましょう。
自分の収入なら返済ペースをもう少し早めたり繰り上げ返済を利用するべきだったなどと振り返ってみて次回の借り入れに役立てましょう。

 

おさいふ誰にもバレずに即日融資OKのカードローンを紹介します