安定・継続した収入の定義とは

専業主婦でも利用できる銀行カードローンもありますが、その場合配偶者に安定した収入があることが絶対条件となっています。
安定した収入とあるだけで具体的に年収200万円以上や月10万円以上の収入とは明記されていません。
この安定した収入とは毎月いくら給料をもらっているという一律の線引きをするのではなく、申込者それぞれの収入とカードローンの借り入れ金額とのバランスで返済可能な環境かを考慮して決められます。

 

そして安定しているということは継続して仕事に就き、毎月決まった給料日に決まった給料をもらっているということです。
正社員でなければいけないということではなく、契約社員・パート・アルバイトであってもよいところも多いです。
それよりも仕事を始めてまだ2カ月しかたっていないとか転職したばかりだと状況によっては審査に通らない事があります。

 

各カードローンで審査基準が異なり勤務状況等に関しては具体的な数字で条件を提示しているところはありませんが、1年以上同じ会社に勤務していれば安定していると判断されるようです。
専業主婦の場合は本人が無職なので夫の安定した収入が審査の対象です。
夫は自分で使う分だけでなく家族全員の出費を担う必要があるので、例えば収入が7万円とかアルバイトやパートだと妻の借り入れ分の返済までは出来ないと判断され審査に通らない可能性が高いです。
年収と借り入れ金額の決定に関して具体的な条件がわからなく不安になる場合は、各カードローンの公式サイトにあるお試し診断を利用し借り入れできるか簡単なチェックをしてみましょう。

 

おさいふ誰にもバレずに即日融資OKのカードローンを紹介します