収入証明書と同意書が不要な理由について

専業主婦が借り入れ出来るのは銀行カードローンだけであり、借り入れする場合には夫に安定した収入があることが絶対条件となっています。
しかし実際カードローンをし込む際に夫の同意書や夫の安定した収入を証明する収入証明書は不要としているところもあります。
貸金業法の総量規制という規則では貸付に年収の3分の1までという制限が設けられており無収入の専業主婦は借り入れできません。
例外の配偶者貸付では専業主婦が借り入れするには夫の同意書や収入証明書、婚姻関係を示す書類などが必ず必要となるのに、なぜ銀行カードローンで借りる場合は必要ないのでしょうか。
なぜなら銀行カードローンは総量規制対象外であるからです。
銀行カードローンは銀行法のもと営業しており総量規制のような年収による貸付制限が無く専業主婦でも条件を満たせば単独で借り入れできるようになっていますので夫の同意書をもらう必要がありません。
専業主婦が借り入れする場合の返済の資金源は夫の給料なので本来在籍確認は夫の会社へ電話し夫が実在しているかを確認するはずですが、自宅に本人宛に在籍確認をするところもあります。
夫へ確認や連絡は全く無しということです。
また専業主婦は働いている人に比べると借り入れ出来る金額は少なく最高融資限度額はたいてい30万円とされています。
総量規制では収入証明が必要な場合は自社の貸付残高が50万円を超える場合とありますし、銀行カードローン多くが100万円超の利用限度枠の場合に収入証明書を必要としているため専業主婦が借り入れ出来る金額の範囲であれば収入証明書は不要ということになります。
専業主婦本人の本人確認書類1通でカードローンを利用することが可能なのです。