将来、住宅ローンに申し込む時に影響はありますか

専業主婦でもカードローンの申し込みも利用も可能となっていますが、もしも住宅ローンに申し込む予定がある場合は、カードローンの利用が影響するのでは?と心
配になることもありますよね。
特に専業主婦の場合、夫に影響するのではといろいろ心配になる人も多いようですね。
結論から言えば専業主婦のカードローンが、将来の住宅ローンへの申し込みに影響することはありません。
なぜかというと、カードローンと住宅ローンでは扱う管轄が違うからです。
専業主婦がカードローンの利用をしていたとしても、住宅ローンへの申し込みには影響ありません。
ただしカードローンと住宅ローンの管轄が違うからといっても、カードローンでの利用に問題や事故があった場合は影響する可能性も出てきます。
この場合の事故というのは、借りすぎてしまいカードローンの返済ができなくなり債務整理をするような場合です。
カードローンの利用履歴はすべて信用情報期間に記録されますが、特に問題なくきちんと返済してれば記録が残ってもある程度の期間保管したら記録は抹消されます。
しかし一度でも債務整理などの事故があった場合は、記録は長い間保管される事になります。
例え夫名義の住宅ローンであっても、過去に妻がカードローンでの返済事故があったとわかれば住宅ローンへの影響は全くないとは言い切れません。
計画を立ててきちんと利用し返済していれば、妻のカードローンの利用があっても将来の住宅ローンへは影響ありません。