ブラックリストに掲載される情報とは

カードローンの利用に関して事故やトラブルがあった場合、ブラックリスト入りすると言われていますね。
しかし実際に名前が刻まれるということではなく、返済に関しての事故やトラブルはすべて信用情報機関に記録されるのです。
これは特に事故がなくても、カードローンなどの利用履歴は記録されます。
カードローンの申し込みなどがあった場合に、業者がその人の情報を照会し審査の参考にすると言われています。
当然のように特に過去にカードローンの利用歴があっても、きちんと返済していればそれは実績として認められるので信用度はアップします。
しかし逆に事故があった場合は、信用度は低くなりますので、社会的信用がない=ブラック扱いということになってしまいます。
このことからブラックリスト入りと言われてしまうのでしょう。
ブラックとして掲載されるのは、債務整理に関するすべてです。
返済に遅れた場合も記録されますが、ブラック扱いになるので3ヶ月以上返済が遅れた場合なので、1日程度の遅れではブラック入りは無いと言われています。
しかし毎回のように2日〜3日遅れてしまうと、ブラック入りはしなくともイメージは悪くなるので、きちんと返済期日までに返済しておきたいですね。
もしも債務整理をした場合はその記録は10年前後保管されるので、記録がある間は新たな借り入れはできません。
申告しなくても信用情報機関を照会すればわかることなので、しばらくの間は新たな借り入れの申し込みはできません。